宮原立坑

宮原鉱入り口
宮原立坑櫓
大牟田市の郊外にひっそりと残る宮原鉱の入り口。ここは過酷な囚人使役が続き修羅坑とも言われたという。
宮原立坑は今後も保存され、三池炭鉱の歴史を語りつづける。
宮原鉱付近に残る炭鉱鉄道跡
校区内に宮原立坑がある米生中学校の校歌には、石炭産業の誇りが刻み込まれている。
 
資源は深く  地下に満ち
工業伸びて  行くところ
自治勤労の  まごころは
我が学園の  誇りなれ
(作詞 宮原 益見)
宮原鉱の横を通りすぎる三池炭鉱鉄道の跡。かつてはここを無数の石炭列車と通勤列車が行き交ったことだろう。


Create: 2002.12.08 Update:2007.06.03
[戻る] [Home]